ピア アリーナ - パレットタウン、2022年中に順次閉館-大型アリーナなど建設で、Zepp Tokyoは1月1日・ヴィーナスフォートは3月27日閉店

アリーナ ピア Japan Open

アリーナ ピア パレットタウン、2022年中に順次閉館-大型アリーナなど建設で、Zepp Tokyoは1月1日・ヴィーナスフォートは3月27日閉店

アリーナ ピア 横浜赤レンガ倉庫

アリーナ ピア 横浜赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫

アリーナ ピア Japan Open

アリーナ ピア パレットタウン、2022年中に順次閉館-大型アリーナなど建設で、Zepp Tokyoは1月1日・ヴィーナスフォートは3月27日閉店

横浜赤レンガ倉庫

アリーナ ピア Japan Open

アリーナ ピア パレットタウン、2022年中に順次閉館-大型アリーナなど建設で、Zepp Tokyoは1月1日・ヴィーナスフォートは3月27日閉店

アリーナ ピア 横浜赤レンガ倉庫

アリーナ ピア 横浜赤レンガ倉庫

パレットタウン、2022年中に順次閉館-大型アリーナなど建設で、Zepp Tokyoは1月1日・ヴィーナスフォートは3月27日閉店

5ha 開園 (14年) 運営者 設備・遊具 駐車場 有 24時間営業 年中無休 一時間500円 以後30分毎250円 事務所 株式会社横浜赤レンガ 事務所所在地 231-0001 1-1 公式サイト ギャラリー [ ]•.

  • 1階のテーマは「港ヨコハマの心地よいおもてなし」、2階のテーマは「予感をふくらませる、とっておきのこだわり」 イベント広場 [ ] 1号館と2号館の間に位置する。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 情報 用途 文化・商業施設 旧用途 港湾倉庫(-) アメリカ軍港湾司令部(による接収中、1945年-1956年) 設計者 事業主体 株式会社横浜赤レンガ 管理運営 着工 1907年(2号倉庫) 1908年(1号倉庫) 竣工 1911年 111年前 1911 (2号倉庫) 1913年 109年前 1913 (1号倉庫) 改築 1930年 1994年-2002年 所在地 1-1 : 文化財 (2007年) ユネスコ文化遺産保全のためのアジア太平洋遺産賞 優秀賞(2010年) 横浜赤レンガ倉庫(よこはまあかレンガそうこ)は、一丁目のにあるであり、文化・商業施設である。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫 [ ] 横浜赤レンガ倉庫イベント広場に設営される(12月上旬から2月下旬頃まで開催)。 1m 2号館 [ ] 2002年(平成14年)4月12日、商業施設として開館。 施設 [ ] 1号館 [ ] 2002年(平成14年)4月12日、文化施設として開館。 赤レンガ倉庫の修復と再生 [ ] ギャラリースペース (平成4年)、の整備に伴ってウォーターフロントの再開発計画も進められ、横浜市は赤レンガ倉庫を国から取得。 作品の舞台 [ ] 横浜赤レンガ倉庫が登場する作品 [ ]• 赤レンガパーク [ ] 赤レンガパーク Red Brick Park 分類 港湾緑地 面積 約5.




2022 aboutconveyancing.com