免疫 学 的 検査 判断 料 - D026 検体検査判断料

的 料 判断 学 検査 免疫 D026 検体検査判断料

血漿蛋白免疫学的検査・免疫学的検査判断料

的 料 判断 学 検査 免疫 D026 検体検査判断料

D026 検体検査判断料

的 料 判断 学 検査 免疫 【医科】新型コロナウイルス感染症(COVID

D026 検体検査判断料

的 料 判断 学 検査 免疫 D026 検体検査判断料

的 料 判断 学 検査 免疫 免疫学的検査判断料の負担区分において「7」ではなく「5」での請求をお願いいたします

【医科】新型コロナウイルス感染症(COVID

的 料 判断 学 検査 免疫 免疫学的検査判断料の負担区分において「7」ではなく「5」での請求をお願いいたします

的 料 判断 学 検査 免疫 【医科】新型コロナウイルス感染症(COVID

的 料 判断 学 検査 免疫 D026 検体検査判断料|e

D026 検体検査判断料

的 料 判断 学 検査 免疫 血漿蛋白免疫学的検査・免疫学的検査判断料

的 料 判断 学 検査 免疫 血漿蛋白免疫学的検査・免疫学的検査判断料

D012 感染症免疫学的検査|e

イ】 SARS-CoV-2抗原検出(定量)は、当該検査キットが薬事承認された際の検体採取方法で採取された検体を用いて、SARS-CoV-2抗原の検出(COVID-19の診断又は診断の補助)を目的として薬事承認又は認証を得ているものにより、COVID-19の患者であることが疑われる者に対しCOVID-19の診断を目的として 化学発光酵素免疫測定法(定量)又は電気化学発光免疫測定法(定量)によ るSARS-CoV-2抗原検出定量を行った場合に限り、「46」の所定点数 2回分を合算した点数を準用して算定する。 イ 喀痰又は上咽頭ぬぐいを検体として、イムノクロマト法により、肺炎又は下気道感染症の診断に用いた場合 ロ イムノクロマト法により、中耳炎及び副鼻腔炎の診断に用いた場合イ 当該検査と「39」の肺炎球菌莢膜抗原定性(尿・髄液)を併せて実施した場合には、主たるもののみ算定する。 上記に加え、COVID-19の治療を目的として入院している者に対し、退院可能かどうかの判断を目的として 化学発光酵素免疫測定法(定量) 化学発光酵素免疫測定法(定量)又は電気化学発光免疫測定法(定量)によるSARS-CoV-2抗原検出を実施した場合は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて(一部改正)」 (令和2年6月25日健感発0625第5号) 」(令和3年2月25日健感発0225第1号)の「第1退院に関する基準」に基づいて実施した場合に限り、 1回の検査につき上記のように 合算した点数を算定する。 11 「注7」に規定する遺伝性腫瘍カウンセリング加算は、臨床遺伝学に関する十分な知識を有する医師が、区分番号「D006-19」がんゲノムプロファイリング検査を実施する 際、 9 のア及びイのいずれも満たした場合に算定できる。 ア 3歳未満の患者イ 65歳以上の患者ウ 悪性腫瘍の診断が確定している患者エ 臓器移植後の患者オ 抗悪性腫瘍剤、免疫抑制剤、又は免疫抑制効果のある薬剤を投与中の患者 22 「27」のクラミドフィラ・ニューモニエIgM抗体を、「9」のクラミドフィラ・ニューモニエIgG抗体又は「10」のクラミドフィラ・ニューモニエIgA抗体と併せて実施した場合は、主たるもの1つに限り算定する。 ア 入院中の患者イ 1歳未満の乳児ウ パリビズマブ製剤の適応となる患者 17 ヘリコバクター・ピロリ抗原定性ア 「24」のヘリコバクター・ピロリ抗原定性は、EIA法又は免疫クロマト法により測定した場合に限り算定できる。 ア 新生児出血症(新生児メレナ、ビタミンK欠乏症等)等の病気で「血が止まりにくい」との指摘を受けた者イ 肝硬変や劇症肝炎で入院し、出血の著しかった者ウ 食道静脈瘤の破裂、消化器系疾患により大量の吐下血があった者エ 大量に出血するような手術を受けた者(出産時の大量出血も含む。 判断料 尿・糞便等検査判断料34点 算定条件 注 1 検体検査判断料は該当する検体検査の種類又は回数にかかわらずそれぞれ月1回に限り算定できるものとする。 上記に加え、COVID-19の治療を目的として入院している者に対し、退院可能かどうかの判断を目的として 化学発光酵素免疫測定法(定量) 化学発光酵素免疫測定法(定量)又は電気化学発光免疫測定法(定量)によるSARS-CoV-2抗原検出を実施した場合は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて(一部改正)」 (令和2年6月25日健感発0625第5号) 」(令和3年2月25日健感発0225第1号)の「第1退院に関する基準」に基づいて実施した場合に限り、 1回の検査につき上記のように 合算した点数を算定する。 検査料 区分番号D015に掲げる血漿蛋白免疫学的検査の例により算定した点数 包括の有無 注 区分番号D007に掲げる血液化学検査、区分番号D008に掲げる内分泌学的検査、区分番号D009に掲げる腫瘍マーカー又は区分番号D010に掲げる特殊分析の所定点数を準用した場合は、当該区分の注についても同様に準用するものとする。 令和3年12月31日から適用 (50) SARS-CoV-2・インフルエンザウイルス抗原同時検出 (定性)は、当該検査キットが薬事承認された際の検体採取方法で採取された検体を用いて、SARS-CoV-2抗原及びインフルエンザウイルス抗原の検出を目的として薬事承認又は認証を得ているものにより、COVID-19の患者であることが疑われる者に対しCOVID-19の診断を目的として行った場合に限り、 「25」マイコプラズマ抗原定性(免疫クロマト法)の所定点数 4回分 「39」の所定点数 2回分を合算した点数を準用して算定する。 7 微生物学的検査判断料 150点 注1 検体検査判断料は該当する検体検査の種類又は回数にかかわらずそれぞれ 月1回に限り算定できるものとする。 イ ヘルペスウイルス ロ 風疹ウイルス ハ サイトメガロウイルス ニ EBウイルス ホ 麻疹ウイルス ヘ ムンプスウイルス ト ヒトパルボウイルスB19 チ 水痘・帯状疱疹ウイルスイ 同一ウイルスについてIgG型ウイルス抗体価及びIgM型ウイルス抗体価を測定した場合にあっては、いずれか一方の点数を算定する。 注7 別にに適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、区分番号「D006-19」に掲げるを実施し、その結果について患者又はその家族等に対し遺伝カウンセリングを行った場合には、 遺伝性腫瘍カウンセリング加算として、患者1人につき 月1回に限り、 1,000点を所定点数に加算する。.

  • .




2022 aboutconveyancing.com